fc2ブログ

小春の一周忌

小春がいなくなって1年が過ぎました。

今日は小春の命日です。

sIMGP1264.jpg

チャチロの子供で、3匹の男の子と女の子は小春だけでした。

2匹の男の子は旅立ちましたが、小太郎は、静岡で輸液をして

今、がんばっています。

小春は、19歳までもう少しというところでしたが、

苦しんで苦しんで死んでしまいました。


sCIMG0291.jpg

1月にのんちゃんを失ったばかりで、

小春の異常に気付くのが遅すぎました.

病院で点滴をした次の日、苦しみだして、

近くの病院でまた点滴をして、入院をしますかといわれましたが、

連れて帰りました。その夜中、亡くなりました。

最期を一緒にいられたことが、せめてもの救いです。


sCIMG0357.jpg

めいちやんと同じような三毛で、

見間違えることもありました。


sCIMG1281.jpg

苦しんで死なせてしまったことに、

いつまでも後悔し続けています。


sCIMG0277.jpg

大勢で、大変だったけど、

できることなら、大勢いたあの頃に戻りたいなあ…



そして、小春が逝った1か月後、チャチロが旅立ちました。

スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

旅立つ前は苦しかったと思いますが、
きっと幸せな生涯だったと思います

一年たっても、なお深い愛情、
大事にされていたことがとてもよくわかります

きっと天国で喜んでくれていると思いますよ

No title

たくさんいれば、どうしても目が行き届かなくなりますが、
小春ちゃんは、みんなといつも一緒にいることができて、
とても幸福だったと思います。

たった一人なら、きっと気付けたであろうこと、
たった一人なら、決してあんな目に遭わせなかったろうこと、
後悔は尽きませんが、それよりも、
小春ちゃんは、みんなと楽しく過ごせたことを
今でも嬉しく思ってくれていると思います。

お辛い一ヶ月が続きますが、
どうぞ、お体を大切になさってください。

小春ちゃんに、庭に咲いてる水仙と
薔薇の香りのお線香をお供えしましたe-420

No title

ねこ団子を見たくて・・・癒されたくてお邪魔してますが
こういう微笑ましい風景の中には
そういう哀しい事もあるんですよね・・・。
でも病院で一人ではなくおうちで見送れたのは
小春ちゃんの為にもよかったのでは?
いなくなって哀しい想いするけど
その中から少しでも良かったことを
拾っていくのがいいかも。
アタシも先代ネコのびぃの事は
後悔だらけだったけどそうやって七年かかって
これでよかったのかもって思う様になりましたよ。

No title

こんにちは。

今は苦しいこともなく、お空の子達とみんなで
走り回っているでしょうね。
こうして思い出すことが、供養になるのだと思います。
お空から、みんなで見守ってくれている。
そう思います。

みんニャで~

どうしてもね・・
あーすれば良かったとか・・
もう少し早くにとか・・
思っちゃいますよね。
私もちいちゃんの異変にもう少し早く気付けば・・
お口ケア、早くからしていたら等々・・
今でも、あれで良かったのかとかね・・
でもね、小春ちゃん、みんニャ一緒で幸せなニャン生だったと思いますよ!!絶対。

MiawMiawクリーミー 我が家もお気に入りです~

No title

後悔のないお世話はないと。。。

その後悔が、今そばにいる命のお世話に生きていると
私は勝手に解釈しています。

いつも、いつでもそばにいると思っています^^

きっと、素敵な、幸せな生涯だったとおもいますよ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

淋しいですねぇ

うちのミューより、3か月ほど後ですね・・・
ミューは、突然でしたので別れが言えなかった
どっちも、辛いですよねぇ・・・
他にも(=^・^=)ちゃんが居るので、まだ癒されるかもしれませんねぇ
私も、色々考えて後悔しました ゚・(゚´Д`゚)・゚・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

小春ちゃんが亡くなって、もう1年が過ぎてしまったんですね。
月日が経つのが早い・・・と、改めて感じます。

どんなに愛情を注いでお世話をしても、やっぱり後悔はしてしまうと思うんですよね。
でも、最後の瞬間まで側に居れて、小春ちゃん嬉しかったと思いますよ。
苦しかったかもしれませんが、それ以上に幸せだったと思います。
亡くなった後も、こんなに愛情を注ぎ続けて貰えるんですもの。

No title

苦しんでいるこにしてあげるのは、一緒にいてあげることが一番だと思います。
だから、小春ちゃんは幸せに旅立たれていると思います。
けけにゃんというこが、ご飯食べなくなって二日目に逝った時、まだ大丈夫だろうとそばを離れようとしたら大きな声で呼ばれました。そばに居ると落ち着いて・・・

大家族には、いっぱい覚悟が居るけどいっぱいの幸せをくれるから・・・
そして、いつもほのぼのとしたブログを見せていただいて、笑顔にさせていただいている者が居ます。
プロフィール

みんみんとその他大勢

Author:みんみんとその他大勢
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR