たくさんの方に見守られて

たくさんのかたがたが、

小雪に、そして、私たちにまで、優しい言葉をかけてくださって、

心に大きく開いた穴が、だんだんとふさがってきたように感じています。

ほんとうにありがとうございました。


小雪が20歳の時、我が家に、麦ちゃんが来ました。

sCIMG1632.jpg

少し離れた所から、麦ちゃんを、見つめている小雪。



sCIMG1779.jpg

麦ちゃんに肉球を吸われても、嫌がらなかった小雪。

麦ちゃんは、お母さんのように慕っていました。



sCIMG1936a.jpg

お母さんと一緒。



sCIMG1954.jpg

いつも、小雪の側を離れなかった麦ちゃん。



sCIMG2096.jpg

安心しきってこんな恰好になっていました。



sCIMG2349.jpg

高い所にも、ついて行きました。



sCIMG2931.jpg

一緒に寝ていても、



sCIMG2944.jpg

小雪は、麦ちゃんを気遣ってくれました。



sCIMG3770.jpg

大きくなっても一緒でした。

麦ちゃんも、お母さんがいなくなって、寂しくなるね…



ぐりぴきさん、私以上に愛情あふれる、小雪の記事を

書いてくださって、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

麦ちゃんが来たときのことは覚えています。
小雪さんがお母さん代わりに、よく面倒をみていたことも。。。
20歳になって、仔猫のお世話はしんどくないかな?なんて思ったこともありましたが、小雪さんの母性本能だったのでしょうね。
素敵な写真がたくさんあってよかったですね。
麦ちゃんは、大丈夫ですか?
ニャンコのほうが感性が鋭いので、もしかしたら小雪さんとのお別れを少しずつしていたのかもしれませんが、姿が見えなくなると体調を崩すコもいるそうですよ。
気をつけてあげてくださいね。
みんみんちゃんとめいちゃんがいるから大丈夫ですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

小雪ちゃんと麦ちゃんの、可愛く愛らしい思い出の光景を見ると
寂しい心がちょっぴり癒されてきますよね。
麦ちゃんが小雪ちゃんに甘える姿、小雪ちゃんの優しく可愛い姿
お別れする頃には、麦ちゃんが随分と大きくなってたのね。
人間でいえば100歳ですと、長生きしてくれて有難うと
お祝いするようですもの、小雪ちゃんも優しいママに沢山
いっぱい可愛がってもらって、看病してもらって幸せだったもんね。
悲しく寂しい日々は、時が解決してくれそうですね。
お元気になって下さいね💛

Re: No title

きらちろママさんへ

麦ちゃんが来たときの事を覚えていてくださったんですね。
とてもうれしく思います。

みんみんのお母さんの、のんちゃんが亡くなった時は、
みんみんはひとり寂しそうにしていました。
麦ちゃんは、こころの中はわかりませんが、元気に
走り回っています。じわじわと、お母さんがいないことに
気がつくのでしょうか…気をつけて、見守っていきますね。

今までたくさんの猫に囲まれていたので、3匹になると、
また、寂しさが募ります。

Re: No title

にゃんこみかさんへ

ブログのおかげで、写真でいつでも小雪に会えるのが
なによりのなぐさめです。

私まで、心配してくださってありがとうございます。
長年の仲間を失って、大きな穴があいたようですが、
やはり、時間が癒してくれるんでしょうね。
これからの3匹との生活、楽しみたいと思います。

お花とさび猫さんの写真、いつも素敵ですね。i-179
プロフィール

みんみんとその他大勢

Author:みんみんとその他大勢
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR